Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業が、広告的な手法を取り入れるのもありかと思います。

 
中小企業の場合、どちらかというと属人的な営業方法で

売上を伸ばしているケースが多いのですが、

それにプラス、広告的な手法で、

集客、売上アップを狙うのも、

これからの時代、一つの選択肢かなと思います。


すでに、実施している会社からしてみれば、

何をいまさら感があるのですが、

実施していない会社にとっては、

非常に縁の遠い話に感じます。


まだ、広告的な手法を、

自社の集客方法に含めていない場合は、

広告的な手法を含めることで、

自社の売上を伸ばすこともできるでしょうし、

今までやっていた属人的な営業方法の

補助的な意味合いで相乗効果を作ることができるかと思います。


広告的な手法を追加で用いることで、

いろいろとプラスの側面がでる可能性があるので、

そのあたりにチャレンジしてみるのも、

今後の中小企業の経営では、

非常に重要なことかもしれません。


広告的な手法は、高額なお金がかかるイメージがありますが、

今は、無料のものや低額の広告方法がいろいろとあるので、

そのあたりはいろいろと研究して、

自社の予算にあった適切な媒体をチョイスすると

いいかと思います。


従来の営業手法に、補助的に他の集客方法を

組み合わせることで、より効率的に集客できる形を

作ることができるかもしれないので、

そのあたりをいろいろと試すといいでしょう。


広告の方法の一覧は、

大ざっぱなものは、

下記のページに書きましたので、

ご参照して下さい↓↓


 ◇「広告方法の一覧」


集客方法は、いろいろな媒体を

バランス良く組み合わせることも

重要です↓↓


 ◇関連記事:「集客方法は、バランスよく組み合わせることが重要」

広告の選択はバランス良く、常に変化させていくことが大切

 
売上を上げるためには、

広告をうまく活用していくことも

非常に重要です。


広告方法は、以前、おおざっぱな一覧を書きましたので、

そちらをご参照して頂ければと思います。


 ◇「広告方法の一覧」


で、どのやり方を選択するかが

重要になるかと思うのですが、

①まずは予算の問題と、

②その次にどの媒体が効率的にお問い合わせを頂けるかが

ポイントになってくるかと思います。


各種の広告方法は、高額なものから、

無料のものまであるので、

自社がとることができる予算の範囲から、

選択することになるかと思います。


で、その予算の範囲から、

できる限り一番効果的な方法を

チョイスしたいかと思います。


広告媒体の選択で、重要なのは、

「バランス」

かと思います。


どの媒体も、全く効果がないというものは、

それほどないと思います。


ただ、その効果の出方が、

費用対効果的にどうか、

時間対効果的にどうか、

あと、自社の業種や商品の特徴によって

合う、合わないの問題もあるので、

そのあたりの組み合わせで、

最も効果がでるだろうバランスを

いかに作っていくかが大切かと思います。


いろいろな広告方法を

テストしながら、

どう予算を配分すればいいのか、

どう時間を配分すればいいのか、

絶妙なバランスを模索することが

非常に大切かと思います。


このバランスは、その時々によって、

常に変化していくので、

その変化に合わせて、

適切に予算と時間のバランスを

変えていくことが大切かと思います。


広告方法には、無数の選択肢があります。


それを以下に自社の状況と、

外部の状況にあった形で、

バランス良く、投下することができるかが、

重要かと思います。


 ◇関連記事:「広告力の重要性と、その強化の基本的な考え方」


社員のモチベーションの低下の原因はどこにある?

 
「社員のモチベーションの低い会社は、業績も低調になる」


ということを、先日の記事に書きました↓↓


 ◇「社員のモチベーションの低い会社は、業績も低調になる」


ということは、会社の業績を良くしたければ、

社員のモチベーションを高めるようにしなくてはいけません。


いや、会社の業績がいいから、

社員のモチベーションが高いのであって、

会社の業績が悪い会社は、

社員のモチベーションが低くなって当然だよ、

という指摘もあるかと思います。


確かにそういった側面はあります。


業績がいいから、社員のモチベーションが高まるという

側面もあると思います。


とはいえ、業績が苦しくても、

その業績を好転させるには、

社員のモチベーションを高める必要があると思います。


社員のモチベーションが高まれば、

自発的に社員が動くようになって、

業績にもプラスに作用するでしょう。


社員のモチベーションが高まるような環境を

作りだすことが経営者の役割と言えるでしょう。


社員のモチベーションが高まるような環境を

作ることができるのは、基本的に経営者だけです。


経営者以外の人間が、社員のモチベーションを高めることは、

基本できません。


社員のモチベーションが低いのは、

それを唯一、コントルールできる経営者一人の

全責任です。


会社の社員のモチベーションが低いのは、

経営者の何かしらの施策が間違っているということです。


逆に、社員のモチベーションが高い会社は、

経営者が、かなり気を使って、

モチベーションが高まるように環境を作っています。


相当、気を使っているケースが多いです。


社員のモチベーションを高めるために、

やらなくてはいけないこと、

やってはいけないことは、

恐ろしくたくさんあります。


それらを一つ一つ地道に築いていくことが、

会社の財産になります。


ただ、ほとんどの中小企業が、

そのあたりをほとんど無視した

人事施策を行い、

結果、モチベーションの低い組織になっているケースが

多いのではないでしょうか。


そうなるといずれは業績は悪化します。


一番、大切な現場の人間が、

情熱を注ぎ切れていないのですから。


その原因は、社員ではなく、

経営者にある場合がほとんどです。


そんな状況にならないように注意しましょう。


 ◇関連記事:「情的資本(社内のモチベーションの総和)の重要性」

 ◇関連記事:「社員のモチベーションを高める考え方、方法」



Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。