Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/753-c4a5f1a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

社員のモチベーションの低下の原因はどこにある?

 
「社員のモチベーションの低い会社は、業績も低調になる」


ということを、先日の記事に書きました↓↓


 ◇「社員のモチベーションの低い会社は、業績も低調になる」


ということは、会社の業績を良くしたければ、

社員のモチベーションを高めるようにしなくてはいけません。


いや、会社の業績がいいから、

社員のモチベーションが高いのであって、

会社の業績が悪い会社は、

社員のモチベーションが低くなって当然だよ、

という指摘もあるかと思います。


確かにそういった側面はあります。


業績がいいから、社員のモチベーションが高まるという

側面もあると思います。


とはいえ、業績が苦しくても、

その業績を好転させるには、

社員のモチベーションを高める必要があると思います。


社員のモチベーションが高まれば、

自発的に社員が動くようになって、

業績にもプラスに作用するでしょう。


社員のモチベーションが高まるような環境を

作りだすことが経営者の役割と言えるでしょう。


社員のモチベーションが高まるような環境を

作ることができるのは、基本的に経営者だけです。


経営者以外の人間が、社員のモチベーションを高めることは、

基本できません。


社員のモチベーションが低いのは、

それを唯一、コントルールできる経営者一人の

全責任です。


会社の社員のモチベーションが低いのは、

経営者の何かしらの施策が間違っているということです。


逆に、社員のモチベーションが高い会社は、

経営者が、かなり気を使って、

モチベーションが高まるように環境を作っています。


相当、気を使っているケースが多いです。


社員のモチベーションを高めるために、

やらなくてはいけないこと、

やってはいけないことは、

恐ろしくたくさんあります。


それらを一つ一つ地道に築いていくことが、

会社の財産になります。


ただ、ほとんどの中小企業が、

そのあたりをほとんど無視した

人事施策を行い、

結果、モチベーションの低い組織になっているケースが

多いのではないでしょうか。


そうなるといずれは業績は悪化します。


一番、大切な現場の人間が、

情熱を注ぎ切れていないのですから。


その原因は、社員ではなく、

経営者にある場合がほとんどです。


そんな状況にならないように注意しましょう。


 ◇関連記事:「情的資本(社内のモチベーションの総和)の重要性」

 ◇関連記事:「社員のモチベーションを高める考え方、方法」



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/753-c4a5f1a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。