Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/750-779ea502

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「営業担当」と「広告担当」に分けると、意外といいですよ~

 
売上を増やしたければ、

新しいお客様を増やさなくてはいけないのですが、

より適切にお客様を増やすために、

「営業担当」と「広告担当」を分離すると、

意外といい形が気付けます。


「営業」の役割やコツと、

「広告」の役割やコツは、

違いがあるので、そこを専門担当性にすると、

それぞれ、深い専門性と経験を得ることができるので、

より確実に受注数を増やすことができるかと思います。


「営業」と「広告」の違いについては、

下記のページに書いてあるので、

ご参照して頂ければと思います。


 ◇「営業と広告の違い」



簡単に言えば、

広告は、見込み顧客のお問い合わせを集めること、

営業は、その見込み顧客を成約すること、

こんな感じです。


広告は、広告で、非常に広い知識が求められるでしょうし、

営業は、営業で、たくさんの経験を積む必要があると思います。


それを同時に展開するのは、

なかなか時間的に難しいかと思います。


いっそ、専門担当制にして、

徹底的に極めたほうが、

より大きな効果がでるかと思います。


業績が好調な会社は、明確に分離しているケースが多いです。


会社の規模が小さく、

とてもそこまで人員を割けない場合は、

せめて、広告と営業は違うんだということを

認識した上で、今、どちらの業務を行っているのかを

分けて認識して、それぞれのノウハウを構築することが

大切かと思います。


ただ、営業と広告で分離はしても、

お互いに情報交換を密に行える体制にすることも

大切です。


とくに広告の部門では、

営業サイドの現場の生の声がわかならいと

需要に適した広告戦略を構築できないので、

営業と広告の連絡は密にとれるようにしましょう。


とんちんかんな広告部門になってしまいますので。


売上アップのために、

広告と営業を分離する、

そんな方法も一つのやり方かと思います。


 ◇関連記事:「広告の重要性」



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/750-779ea502

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。