Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/739-b9b538e3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

販売力=マーケティング×セールス

 
企業において「お客様作り」は非常に重要です。


お客様がいて、はじめて売上が構築されます。


「お客様作り」の要素としては、

「商品力」「販売力」の二つがあります。


「お客様作り=商品力×販売力」


「商品力」、「販売力」の要素をそれぞれ強化していくことが

大切かと思います。


 ◇関連記事:「商品力と販売力」


お客様作りの要素の部分で

「販売力」は、かなり重要になります。


その「販売力」について

考えていこうと思います。


「販売力」は、大きく分けて

二つの要素に分かることができます。


 ・マーケティング

 ・セールス



中小企業では、マーケティングとセールスを

区分けして考えることは少ないと思います。


ただ、ここをしっかりと二つに分けて

とらえることで、「販売力」の強化につなげることが

できると思います。


では、マーケティングとセールスの違いは

どういったものでしょう?


マーケティングとセールスの違いを

一番端的に表しているのは、

下記の言葉になると思います。


「マーケティングは、電話を鳴らすこと」

「セールスは、その電話にでること」


もう少し明確にすると

「マーケティングは、優良な見込客を連れてくること」

「セールスは、その見込客と成約すること」


流れ的には、

マーケティング → セールス

といった形になります。


中小企業だと、上記の流れを一括りで、

集客・営業と考えていますが、

上記のように分解することで、

販売力の改善の方向性がわかりやすくなります。


「販売」は、「マーケティング」と「セールス」に

分解することができる。


「マーケティング」、「セールス」、

どちらも重要で、

適切にどちらも強化、改善していくことが

重要です。


マーケティングで、見込客を連れてこれなければ、

セールスの活躍の場はなく、

どんなにマーケティングで、見込客をたくさん連れてきても、

セールスの力が弱ければ、受注できない。


マーケティングが強ければ、

セールスの力が一定でも、

売上を加速度的に増やすことができる。


セールスの力が強ければ、

マーケティングがなくても、

紹介営業で新規開拓することも可能。


マーケティングとセールスは、

それぞれが補完できたり、

不要にできたりできる関係性です。


マーケティングは、マーケティングで、

その独自の考え方、方法があり、

深く研究する必要があります。


セールスは、セールスで、

当然、独自の考え方、方法があり、

深く研究する必要があります。


どちらも、お客様作り、売上アップには、

非常に欠かせない要素ですので、

それぞれの違いをしっかりと認識した上で、

強化、改善していくことが大切かと思います。


 ◇関連記事:「マーケティングとセールス」


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/739-b9b538e3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。