Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/727-71a15f97

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

会社が停滞すると、商品力が劣化し始める

 
いろいろなお客様を見ていると

会社が停滞し始めると、

商品力も劣化し始めることを

痛感します。


会社の業績を低迷しているが、

商品は、ピカいちというケースは、

ほとんどないかと思います。


業績が低迷している会社は、

同じように、商品内容、品質も、

劣化しているケースがほとんどかと思います。


業績が低迷し始めると、

いろいろなところに無理が生じます。


資金繰り、人員数、

スタッフのモチベーション、

業務時間、ありとあらゆる点で、

通常の場合、マイナス面が生じます。


業績が低迷しても、

うまく打開できる経営者さんも

いらっしゃいますが、

ほとんどの場合、

打開できずに、そのまま低迷の

負の歯車が回るケースがほとんどです。


いろいろな面で、負の歯車が回っているので、

当然、商品内容、品質も劣化を

生じさせます。


一番の要因は、スタッフの余力時間不足、

モチベーション低迷により、

商品の改善ができなくなる点。


場合によっては、従来の商品の内容、品質まで、

劣化させて、業績悪化のバランスをとるケースも

あります。


そうなると、当然、商品力が低迷すれば、

お客様にも、自然とそれが伝わり、

さらに業績が悪化します。


そうならないためにも、

業績が低迷し始めたら、

かなり気をつけて、

会社をコントロールする必要があります。


一人で事業をやっている場合は、

自分の気持ち次第なので、

それほど問題はないのですが、

社員が実際の現場に立っている会社の場合は、

経営者の見えないところで、

商品力の劣化が始まりますので、

要注意です。


逆に言えば、

会社の商品力の生命線は、

現場にいる社員一人一人の

力量に負うところが多いと考えれます。


経営者一人の力量には、

限界があります。


会社として、組織として、

成長したいのであれば、

現場の社員の力量をしっかりと出せる

環境を経営者が構築することが大切かと思います。


とくに、社員の心、気持ちの部分の

メンテナンスを経営者が

どう向き合っていくが

非常に重要だと思います。


自分の知らないうちに、

自社の商品力がおそろしく劣化していた、

もしくは、劣化していること自体に気付かない、

そんなことにならないように注意して下さい。


商品力を改善していくためには、

しっかりと社員の余力時間、

モチベーションなどを、

高めていくことが大切です。


そのためには、会社の全体の

バランスをしっかりと構築しておくことが

大切です。


業績が低迷してきたからと言って、

ギリギリの状況に会社を持っていくと、

目先の資金繰りは回りますが、

長期スパンでは、商品力が劣化しますので、

要注意です。


 ◇関連記事:「商品力の強化」


 ◇関連記事:「経営相談」



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/727-71a15f97

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。