Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/16-02a3244e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

役員賞与の損金算入について

こんにちわ、浜松の税理士、小林弘明会計事務所の市川です。

先日から懸案になっている「役員賞与の損金算入」ですが、徐々にその姿をあらわし始めました。

現段階の私が集めれた情報の範囲では、賞与の届出はその書式は税務署には現段階ではない状況で、もし3月決算法人で適用するようにもっていくなら自ら届出書を作成しなくてはいけないようです。また、それを受理してくれるかどうかは、今日先輩が確認に行っています。結果は後日ご報告します。なかなか大変です。(→追加:税務署に確認して、受理はしてくれるそうです。税務署でも詳しい資料がまだなくて苦労しているそうです。)

ただ、要件を確認すると届出した支給額より多くても少なくても損金不算入になるようなので、活用は難しそうです。

それよりもビックリしたのは、自分の不勉強が悪いのですが、役員賞与だけでなく役員報酬自体の概念が、かなり変更になったということです。今までもあったのですが「定時同額給与」という言葉にかなり重きがおかれ、今まで以上に役員報酬の期中変更については、認められないようになるようです。3月決算法人は、すでに該当してくると思うので気をつけないといけないです。

役員報酬は会社の利益とのバランスで検討しなくてはいけないので、今回の改正はよく勉強しないといけないと痛感しています。

注意:今回の内容は、諸資料を調べて書いてありますが、まだ不明瞭な部分がありますので実際に適用・検討にあたっては、各顧問税理士に確認をしてください。よろしくお願いします。

■小林会計ホームページ
小林会計のホームページです。
是非ご覧になってください。

■小林会計携帯版ホームページ
小林会計の携帯版ホームページです。
是非ご覧になってください。

静岡県浜松市中沢町29-11
Kobayashi-kaikei@tkcnf.or.jp
小林弘明会計事務所
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kobayashikaikei.blog68.fc2.com/tb.php/16-02a3244e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

アクセス解析2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。